新興出版社ファンサイト/ドリルの王様 算数 集中とっくん 時計の口コミ(クチコミ)・レビュー(伊都さん)

株式会社新興出版社啓林館のヘッダー画像

レビュー

モニプラで長期モニターさせて頂いている『ドリルの王様
口コミ:ドリルの王様の画像(1枚目)
新興出版社啓林館・文研出版のページファンサイト参加中

毎日1枚ずつやっています。

40枚あるんで、終わるまで1か月以上ですね。
そんなわけで、途中まで使ってみた感想になりますが。

『ドリル』だけあって、繰り返し学習ができました。

例えば何分かを答える問題。
これは①~⑨までありました。
1日1枚やるなら9日分ってことですね。

⑤までは○分きっかりの時間から。
例えば5分から18分までとか。
口コミ:ドリルの王様の画像(2枚目)
※クリックで拡大します

⑥からは中途半端な時間から。
例えば23分から40分までとか。
終わりが中途半端なものも出てきますが、必ず始まりか終わりがきっかりです。

⑨は文章で考えるもの。
時計のイラストはあるものの、針が無いです。
千朝はこれが一番得意でした。
引き算でできるから・・・
・・・つまり、まだ時計が苦手ってことですね(汗)

表面は短いもので4題、多くて6題
裏が8題

何分かだけでも結構な練習量があります。

1回量は…これが多いか少ないかはその子によりけり。
苦手だと多く感じるし、他にやるプリントが多いとキツイです。
千朝はものによって結構かかりました。
他にも4教科やるべきものがあるため、詰まると全体の勉強時間が1時間近くなってしまいました。
得意なのだと5分も掛からず両面を終わらせていましたが。

千朝はまだ1年生なので、2年の算数の教科書やドリルがないですが、2年生が授業の復習で使うとしたら教科書とドリルと『ドリルの王様』で苦手の補強も十分できるのではないかと。

また、千朝のように先行学習で使う場合でも、スモールステップで使いやすいと思います。

後は使い方の工夫です。
先行学習の場合は1日1枚は場合によってはキツイかも。
1日3~5題くらいで十分な気もします。
私も途中減らそうかと考えたんですが・・・

シールがね・・・

モチベーションになるんですよ。。。

1日1枚、2種類のシールを貼るようになっています。

終了したら貼る丸いシールと、点数に応じて貼る四角いシール。
両方シールを捲ると何か出てきます。
丸いシールは占いで、四角いシールはメッセージ。
口コミ:ドリルの王様の画像(3枚目)

千朝は毎日何がでるかな?とウキウキしながら捲っていました。
それを考えると…頑張って1日1枚…かな?

あと、言われるまで気付かなかったんだけど、パラパラ漫画がついていました。
2番目の写真の右側のプリント、左下に映っているのがそれです。
千朝が途中で気付いて捲っていました。
シールと言い、結構工夫がありますね。

投稿日時:2017/06/17 : 子供の教育試行錯誤

「ドリルの王様 算数 集中とっくん 時計(株式会社新興出版社啓林館)」の商品画像

ドリルの王様 算数 集中とっくん 時計

魅力的な学習分野がラインナップ やりきれる分量を徹底研究し,取り組みやすい問題レベルから収録 解答には,くわしい解説やアドバイスを掲載 基礎基本がしっかり身につく! http://www.shinko-keirin.co.jp/shinko/elementary/do/index.html

ショップへ行く