浄水器のクリンスイファンサイト モニプラ支店

このイベントはすでに応募終了しています。

【ZOOMイベント】新米食べ比べ!自分好みのお米を見つけるワークショップ 参加者募集!

参加受付は終了いたしました。
またの参加をお待ちしております。

「【ZOOMイベント】新米食べ比べ!自分好みのお米を見つけるワークショップ 参加者募集!」の画像、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社のモニター・サンプル企画

モニタープレゼント

お米をおいしくするための水 JP407-R

モニター数

10名

参加〆切

参加受付は終了いたしました

選考方法

選考   発表日: 10月26日(月)

三菱ケミカル・クリンスイ株式会社からのメッセージ


みなさん、こんにちは!三菱ケミカル・クリンスイです。

おいしい新米の時期、五ツ星お米マイスターが厳選した新米の食べ比べをしませんか?
自分好みのお米を見つけることができる「お米チャート」お米をおいしくするための水 JP407-R新米2種をお届けします。

そのうち1種類をワークショップで西島さんと一緒に炊き、試食します。
お米の炊き方の基本や、お米の種類によって異なるおかずとの相性、楽しみ方も伝授します。

今回は西島さんとオンライントークありとチャットのみの参加の2種類の参加方法をご用意しました。
オンライントークありでご参加希望の方は西島さんとの対話式になりますのでより深く自分好みのお米について知ることができるイベントです。

ご感想は、ブログ・Instagramにご投稿ください。

皆様のご参加お待ちしております!


クリンスイファンサイト事務局

 

 

「お米をおいしく炊くために、
 お米専用の水があればいいのに」


そんな想いから生まれたのが、 「お米のためのクリンスイ」です。
現代人の好みの味わい、 お米の収穫トレンド、炊き方など、 五ツ星お米マイスターの知識と、 クリンスイの独自技術を掛け合わせて 誕生しました。
ふくよかなお米は、滋味深くて、 やさしくて、薄い味付けのおかずにもよく合います。
こだわりのある食生活のためにも、「お米のためのクリンスイ」で、おいしいごはんを炊いてみませんか。

 

自分好みのお米を見つける!新米食べ比べオンラインワークショップ
↑イベント詳細はこちらからもご確認いただけます!↑

 

<内容>
 ・水の飲み比べ
 ・ワークショップ
  -新米炊き上げ(炊飯器または鍋など)*送付する2種のうち1種を一緒に炊きます。
  -お米のおいしい炊き方
  -新米試食
  -自分好みのお米の選び方*チャートを使用して好みのお米を見つけます
  -今年の新米情報
  -おいしいお米の食べ方(お米とおかずの相性)
 ・質疑応答

 

<日時>
 2020年10月30日(金) 20:30~22:00

 

<お届けするもの>(当日の2日前までにお届けします)
 ・JP407-R
 ・新米2種(四万十厳選にこまる&ゆめぴりか)各1キロ

 

<ご用意していただきたいもの>
 ・水の飲み比べ用コップ2個~3個
 ・クリンスイの浄水
 ・水道水(あればミネラルウォーター)
 ・炊飯器または鍋など
 ・お茶碗
 ・しゃもじ
 ・はし

 

 

四万十厳選にこまる
「にこまる」は、九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として
おいしさ、品質、収量の3拍子揃った米を目標に開発された品種です。
母親は近畿・中国地域の6府県で奨励品種になり
急速に普及が進んでいるおいしい早生(わせ)のお米「きぬむすめ」
父親には倒れにくく品質の良い「北陸174号」(熊本県で普及している「いただき」の兄弟)
の交配組み合わせから育成されました。

10月17日(土)放送「満点青空レストラン」でご紹介している品種です!

 

ゆめぴりかタンパク質含有率6.8%以下
第一回ゆめぴりかコンテストで最高金賞受賞したお米です。
「ゆめぴりか」という名前は、一般公募で寄せられた3,422通の中から選ばれました。
「夢」とアイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」をあわせてつくられた
北海道の夢を担うお米にふさわしい名前です。

「ゆめぴりか」は2008年に試験栽培を行いJAグループ北海道は、2011年3月17日に
道産米の最高級ブランドと位置付ける「ゆめぴりか」の出荷基準である
タンパク質の含有率を7.4%以下に見直しました。
ですが「ゆめぴりか」の特徴を最大限に引き出すとしたらやはり
「タンパク質含有率6.8%以下」とする必要があると考え当初の厳しい栽培を貫いています。

 

<講師>五ツ星お米マイスター 西島 豊造さん(スズノブ 代表取締役)

1988年に家業の米屋「株式会社スズノブ」を継ぐ。
大学時代に得た「土」の知識、北海道で得た「農業土木」の知識、産地を回って得た現場の知識、歴史から紐説いた知識など、膨大な米に関する知識を活かし、お米のソムリエ、お米博士として、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などに多数出演。
お米の新しい時代を作りたいというビジョンのもとに、独自プロジェクト「Suzunobu Project Rice」を立ち上げ、産地の特徴を活かした地域ブランド米作りや地域活性化にも携わっている。
「和食のためのクリンスイ」シリーズお米を美味しくするためのポット型浄水器も監修。

 

【オンラインイベントについてのお願い】
・ワークショップをより楽しんでいただくために画面ONでのご参加を推奨しております。
・Wifi環境などをご確認の上、通信環境の良い場所でご参加ください。
・イベント中の様子を録画、及び画面キャプチャを撮影し、
 クリンスイ内の記事やSNSなどに掲載する場合がございます。
・予告なく内容を変更する場合がございます。
・生配信は不慣れなこともありご不便をおかけする可能性があります。
 あらかじめご了承ください。

 参加条件を満たす方が当選者より少ない場合、当選者数が所定の人数に満たないことがございます。
 予めご了承ください。

モニタープレゼント内容

お米をおいしくするための水 JP407-R

新発売WASHOKUシリーズのお米をおいしく炊くための浄水器。甘さと柔らかさを引き出し、やさしくふくよかなお米を楽しむことができます。
〈五ツ星お米マイスター西島豊造氏監修〉

参加したみんなの投稿

浄水器のクリンスイ様は、 ”お米をおいしく炊くために、お米専用の水があればいいのに···” とうい想いを実現し、「お米をおいしくするための水 JP407-R」を発売しています。 この浄水器と令和二年産の新米の食べ比べワークショップが開かれました。 コロナ禍ゆえにZoomによるオンラインでの開催です。 お米は、 ◆四万十厳選にこまる ◆ゆめぴりか(タンパク質含有率6.8%以下) どちらかを、事前に動画で洗い方から炊き方まで見て、炊飯器でワークショップ時間に炊きあがるようにしておきました。 五ツ星お米マイスターの西島豊造さんのお米、それをどうやって美味しく炊くか、レクチャーを受けました。 母も一緒に見ていたのですが、お米が炊けてほぐす際の「十文字切り」はテレビ番組で知っていたとのこと。 意外をテレビ見てたんだ・・・と母についての新たな発見をしました(笑) レクチャーの途中で、水道水とミネラルウォーターと「お米をおいしくするための水 JP407-R」で浄水した水を飲み比べました。 私はどちらかというと味オンチな方ですが、母が「浄水した水はやわらかい!」と言っていたので、私も時間をかけて比べてみて、なるほど・・・と納得。 そうこうしているうちに炊きあがったお米を試食。やっぱり炊きたては美味しいです。 翌日に父にも食べさせましたが、硬さが自分の好みだったので、 「おい、これどんな米???」 と言ってました。 家族と一緒に話しが聞けて、美味しいお米を炊くことができ、みんながハッピー♪というワークショップだったな・・・と思います。 参加させていただき、ありがとうございました。 #クリンスイ #Cleansui #おいしいごはん #クリンスイでおいしいごはん #鍋炊きごはん #和食のためのクリンスイ #お米 #monipla #cleansui_fan 2020/11/25

クリンスイイベント『新米食べ比べ!自分好みのお米を見つける』 2020/11/22

すべて見る

Fan site of the year シリーズ賞

企業紹介

三菱ケミカル・クリンスイ株式会社

家庭で手軽に安心・おいしいお水を。

クリンスイは、1984年に世界で初めて中空糸膜フィルターを浄水器に採用した浄水器ブランドです。
「コップ一杯の水をきれいに」というスローガンのもと、クリンスイは人のいちばん近くで、暮らしの水をきれいにします。

開催中イベント

クリンスイ その他の商品











キッチン・生活 のイベント(商品モニター募集・無料サンプル・試供品情報)を探す

Instagram の連携を行ってください

Instagramの仕様変更により、過去の連携情報が利用できません。

Instagramの連携を再度行ってください。

Instagram の連携に進む