彷徨さんのプロフィール

彷徨さんのプロフィール画像
彷徨さん

古いタイプの人間だとよく言われます。
好きな言葉は「連帯を求めて孤立を恐れず」。別に全共闘とは関係ありません。ただ、付和雷同は大嫌いなだけ。本ブログは一応日記となっていますが、基本的には、心に浮かんだままのあらゆるジャンルを書いているようです。

■ブログ
人生いろいろ ・・・・ Once-in-a-lifetime chance

投稿履歴一覧

すべて | カキコミ | ブログ | 画像 | 動画 | インスタグラム

柔軟な物事の考え方を教えてくださった… [2012-05-02 21:05:15]

時は昭和三十年代の半ば私が中学二年の時でした所は、神戸市内の公立中学校登場人物は、仮にS先生とさせていただきますが、中年の算数の男性教師そして、13組の生徒、約50名  舞台は、期末テストの答案返しの場その先生の場合には、答案用紙を返す時に、個人名は伏せておられますが、全般的な試験結果に対する講評および目立った事があった場合にはその紹介等があります  おごそかに「今回の問題は、少し難しかったな前回より平均点が少し下がっていますねしかし、よく見 続きを見る

卒業しろと言われても、譲れない一歩・… [2012-03-26 19:48:30]

卒業しろと言われることがあるそれは青臭さ還暦も過ぎて青臭いもないだろうが、どうも青臭いらしいそれは、頑固なまでの自分の価値観もっと平たく言うと、何事もいい加減にできない性格  世間では一生懸命がダサイ生真面目がウダイとか言われるそして時流に乗らないと、世間から取り残されるとも  しかし、外見が少々変わろうが人間の本質は変わりはしない明治維新で、髷がなくなってもそうだった戦後の憲法制定後もそうだった  私は、自分自身の価値観それは一言でいえば、「 続きを見る

春の雨は・・・&朝倉理恵さん「春の雨… [2012-03-10 17:43:30][ブログ記事へ]

春雨と 気取ってみたが その後で  くしゃみ諸々 馬鹿自嘲気味  「春の雨はやさしいはずなのに」朝倉理恵さんですコロムビア♪より あなたの“私をブルーにさ

花は未だ [2012-03-09 14:22:26]

卒業写真など取り出していましたら、時が蘇りました昭和四十年(1965年)三月の高校の卒業式  所は、神戸市内の某高校進学校でしたが、教育方針は質実剛健反抗する生徒に 続きを見る

埋み火&「センチメンタル・ジャーニー… [2012-02-12 17:44:24][ブログ記事へ]

今頃になって、その夢を見ようとは思わなかった夢とはそのようなものか 時効と言ってもいいほどの歳月が流れたが、心の隅でくすぶり続け、いつまでも消えない埋み火

1 2 3 4 5 6 7 8 9